廃車

全損になった車に価値があるのであれば、業者はいくらかのお金を支払って引き取ってくれるでしょう。
これを「下取り価格」といいます。

販売業者が下取り価格で引き取った車は、修理をして中古車市場に売却します。
つまり、廃車・解体の必要はありません。
もちろんその費用が、被害者にかかってくることもないのです。

しかしひどい状況であれば、中古車として売れないと判断されてしまい、下取りすらしてくれないのです。
このような場合であれば、被害者は事故者を廃車や解体しないといけません。
なぜならば、いつまでも自動車税がかかってくるのです。
もちろん廃車には費用がかかります。

ここで知っておきたいのは、廃車や解体費用は、加害者や保険会社に請求することができるということ。
何故なら、車が全損になったために発生した費用ですので、自己による損害として考えられるのです。

今までこの費用が、損害であることに気付かなかった人が多く、身落とされがちでした。
わたしも大阪で交通事故を起こし、車を廃車する運びになりました。
その際、大阪でも特に交通事故にかんしての分野に詳しい法律事務所に相談したのです。
関西で交通事故を起こした際は、大阪の法律事務所に相談することをおすすめします。
「大阪 交通事故」で調べればヒットしますよ。






おすすめ記事

肝心なのは二つです

事故が起きてまず肝心なのは警察と病院です。これは被害者でも加害者でも同じです、しっかり第三者に事故の状況を確認してもらって置くのが後々の為ですから。

フォロー

交通事故の時には、なんでも自分で対処しようとするとすごく大変です。そういう時にフォローをするシステムはいくつもありますから、ぜひ利用するようにしましょう。

What's New

2013/02/05
おすすめ記事2を更新。
2012/11/08
おすすめ記事を更新。
2012/02/08
証拠を更新。
2012/02/08
救護を更新。
2012/02/08
違法駐車を更新。
2012/02/08
無免許を更新。
2012/02/08
大阪で交通事故にあったらを更新。
2012/02/08
ホームページリニューアル